1日1回クリック頂けると喜びます


【投資実績】米国株投資2022 年間投資パフォーマンス 

投資実績の公開
🐇うさとと
🐇うさとと

久しぶりの投稿です😊

2022年1年間の投資パフォーマンスを振り返りたいと思います。

しばらくブログを更新していませんでした😅

久しぶりの記事投稿となります。


2022年も終わったので、2022までの経年パフォーマンスと、2022年単年パフォーマンスを振り返ってみたいと思います。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

2020年からの経年パフォーマンス

2022年は私が主戦場としている米国株は市場全体が下落。。ですので、日本株もそれなりの額を買っています。

私は米国株(アメリカ株)、日本株ともに、マネックス証券で投資と管理をしているので、マネックス証券の管理ページであるMoneyViewをそのまま公開します。

2022年12月時点の投資実績はこの様になりました😃

入金累計が246万円。差額の35万円が投資期間全体の利益です。

収益(利回り)はこちらになります。


期間は2020年〜。マネックス証券でパフォーマンスを計測し始めた時期からの、おこづかい投資の実績です。

総合収益率:+ 59.41%
年平均収益率:+ 18.21%

前回記事を書いた8月時点の収支報告時点の年平均収益率は +24%/年 だったのですが、2022年を過ごした結果、 +18%/年 まで減らしてしまいました。
(8月時点 総合収益率:+66.94%、年平均収益率:+ 24.21%)

理由は日本株で仕手株売買のチャレンジをした結果です😅 新しい取り組みなので少額でチャレンジしたつもりだったのですが、もっと小さい額でやるべきでしたね。。このチャレンジ金額の見積もりも失敗したことの1つですねぇ。。。

🐇うさとと
🐇うさとと

やらかしてしまったのは日本株でして、米国株単体の収益を見ると2022年もプラスだったんですけどね…。まぁ新たな投資方法にチャレンジをした結果ですし、学びもあったので良しとします😄

2022年は為替が円安に振れたので、米株価の下落を相殺して良く見えている部分もありますが、年末にかけて円高に戻ってきているので、現時点はあまりお化粧はされていないですね。2022年の市場全体が大幅下落する中で、株を保有した状態で試行錯誤してこの結果ならば、勉強もできたので良しとします!😊

2022年1年間のパフォーマンス

🐇うさとと
🐇うさとと

次に、2022年の1年間の単年パフォーマンスを確認します。

1年間のおこづかい資産増加率

2022年初

2022年末

2022年入金額:998,000円

円換算では資産増加率は+50%でした。

Twitterでは発信したのですが、2022年はRolexの売却益を株(とFX自動売買EA)に投入したこともあり、おこづかい資産に対して大きな入金をした結果、+50%という資産増加率でした😄

1年間の投資パフォーマンス

では、1年間の純粋な投資パフォーマンスも確認してみます。マネックスアプリの情報から抜粋です。

2022年投資パフォーマンス

パフォーマンス
米国株3.55%
日本株-13.09%
総合-7.00%

うーん、残念ながら総合は-7%のパフォーマンスでした。米国株だけであればプラスで終われていたはずなのですが、日本株で仕手株にチャレンジした結果、2022年単年でみてもパフォーマンスを悪化させてしまいました。

S&P500 2022年間パフォーマンスと比較

ドル・円の為替差は出てしまうのですが、私がベンチマークとして比較対象にしている「S&P500」の年初来パフォーマンスも定点観測として確認しておきます。

2022年のS&P500のパフォーマンス

2022年初来リターン : -18.64%

SPX 銘柄 - S&P 500種 名称
S&P 500種 (SPX)のインデックス指数詳細 - 指数の値、チャート、指数概要や関連マーケットデータをご覧ください。

S&P500 は2022年当初は4,800ドルでしたが、2022年が終わってみれば3,800ドルまで、-18%も下落しましたね。しかも2023年もまだ下落する(と私は思っている)ので、米株投資家にとっては過酷な状況が続いています。

私のポートフォリオの成績は-7%でしたので、まぁマシかな。

投資履歴の振り返り

今日の振り返り簡易版です。

🐇うさとと
🐇うさとと

2022年は夏以降はロングの買いはほとんど行いませんでした。株は一部を残してできるだけ手放して、長期保有を目的とした配当銘柄のみを保持していました。保有している株は下落してしまうので、夏以降はショートETFで下落ヘッジを行う日々でした。あとは米国株にこだわらず、別の市場への投資もやってきましたね。

また大きな下落が来た時に振り返ることができるように、2022年の投資全体をしっかりと振り返って、別記事で書きますね🌸

eye catch picture is provided by : People illustrations by Storyset

タイトルとURLをコピーしました