1日1回クリック頂けると喜びます


高ROE企業をデュポン分析で中まで見てみる:投資の勉強

投資の勉強:一億総株主時代!

どうもこんにちわ、「アメリカ株長期投資でサイドFIRE」のUsatoです。

本サイトでは、米国株(アメリカ株)への長期投資を基本の投資スタイルとしながら、サイドFIREを実現するまでの軌跡と方法を残しています。


ROEが高い企業に投資せよ
FCFが高い企業に投資せよ

という投資戦略に基づいてポートフォリオを組んでいこうとしていますが、今日はROEに着目した話です。

ROEが単純に高い企業が稼ぐ力を持っており投資対象として良いのか、というと、そういうわけでもないです。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

デュポン分析でROEをさらに分解・分析する

デュポン分析という手法でROEの中身を覗いてみて、「良い高ROE」なのか、「悪い高ROE」なのか、を分析するのが重要。

デュポン分析についてはこちらを参考にしました。
参考サイト:Indeed デュポン分析

なお、最近私が株価・企業分析に使い始めたのがこちらのサイト。

バフェット・コード

スクリーニングにすごく良いサイトを見つけました。。。このサイトは本当に凄いと思います。


これまで私はYahooファイナンスや、海外のロイターなどを使って指標を見ていましたが、
こちらの「バフェット・コード」では、「見たい様に数字を見せてくれる」サイト。


痒いところに手が届く、しかも無駄な情報もなく大変見やすいUIとなっています。


2018年に立ち上がった様ですが、今まで3年間、バフェットコードを使っていなかったことを、ものすごく後悔しています・・・。


バフェット・コードでは、ROEはもちろん、デュポン分析した結果も表示してくれるため、簡単にスクリーニング・企業調査することが可能です。


無料プランでもデュポン分析可能な良心的なサイトです。


GAFAMをROEとデュポン分析で比較

試しにGAFAMをROEと、バフェット・コードのデュポン分析を用いて、比較してみたいと思います。データは少し前ですが、20年12月時点の情報です。

銘柄  ROE  売上高純利益率総資本回転率財務レバレッジ
[GOOG]Alphabet18.122.00.571.44
[APPL]Apple81.021.00.854.96
[FB]Facebook22.734.00.541.24
[AMZN]Amazon22.85.51.203.44
[MSFT]Microsoft37.431.00.472.55

こうやって比較してみると、同じテック企業でも特徴が出ていますね。


Alphabet, Facebook はソフトウェア企業の側面が強いのでしょう。財務レバレッジは相対的に低いですね。一方で、Apple、Amazon、Microsoftは財務レバレッジをかけていますね。負債(借金)をテコにして、事業を回しているという側面が強いということですね。

どの企業もさすがの高ROEではありますが、APpleの81%というROEは驚異的ですね。。。財務レバレッジは比較企業内では相対的に高くはなっています。

Amazonの総資本回転率は相対的に高いですね。Amazonへの出店企業と一般顧客との間の売掛・買掛・入金のタイミングがAmazonに有利なプロセスに設計されていると聞いたことはありますが、その結果なのでしょうかね。

本サイトでは「FIRE」ではなく、「サイドFIRE」を達成すべく取り組んでいます。

FIREだと目標貯蓄額が高過ぎるために達成難易度も高いですが、「サイドFIRE」であれば目標貯蓄額もFIREより少ないので達成しやすく、モチベーションを維持したまま取り組みやすいです。サイドFIREが達成できれば、人生の選択肢を増やすことができます。本記事を参考に、早期のサイドFIRE達成の一助となれば幸いです。

それでは。投資は自己責任で。

created by Rinker
¥1,651(2022/09/26 14:03:57時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました