1日1回クリック頂けると喜びます


2022年 米国株投資戦略の検討 : 投資戦略

投資戦略

どうもこんにちわ、「米国株長期投資くらぶ。」のUsatoです。
本サイトでは、数ある米国株(アメリカ株)から選定した「バフェット株」と「テンバガー株」による最強ポートフォリオを構築し、長期投資を基本の投資スタイルとしながら市場平均以上のパフォーマンスを狙っています。

本日は、各種ストラテジスト/アナリストの情報を収集した内容を踏まえて、2022年の投資戦略について考えてみました。もう少し調査を進めて情報は更新しますが、現時点で「米国株長期投資くらぶ。」が考える2022年の投資戦略を書きます。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

ストラテジスト/アナリストの2022年市場に対する見解

2021年も師走を迎え、ストラテジスト/アナリストの2022年市場に対する見解が出始めていますね。

下記は情報収集した内容を、Usatoが要約したものです。解釈は変えていないつもりですが、情報ソースの確認もお願いしますね。

じっちゃま

  • 2022年は2020年、21年の様に「VTIに投資しておけば上がる、個別銘柄もなんでも上がる」と言う様な状態にはならないだろう
  • 理由は2022年に行われるであろうテーパリング完了、利上げの開始、インフレ率を2%に抑える取り組み
  • 2022年のポートフォリオは、半分はVTI、残りは配当銘柄、高利回りETF、エネルギーETF(XLE)、旅行銘柄などへ注目してポートフォリオに組み込む工夫が必要
  • 2022年は2021年よりも大幅にリスクを切り詰める
  • 2022年はIPO直後の銘柄、ハイパーグロース銘柄、ナスダック銘柄は、相場が悪くなったら一気に下落

from じっちゃまの米国株投資を学ぶウサギ

ネット・デービス・リサーチ

ネッド・デービス・リサーチの米国担当チーフストラテジスト、エド・クリスソールド氏は最新予測で来年の米株価について、企業収益の伸び鈍化や米金融引き締め策を受けてS&P500種株価指数がいったん「浅めの弱気相場」に入った後に反発し、小幅高で年末を迎えるとの見通しを示した。

ネッド・デービスのクリスソールド氏は、S&P500種が来年のある時点で少なくとも10%の下落に見舞われ、年末時点は5000となると予想。「22年が市場にそれほど優しい環境でないのはほぼ確かだ。上昇ペースは鈍り、後退の頻度は増えて、二桁の調整に見舞われる可能性は高く、浅めの弱気相場入りの現実的なリスクがある」と8日の顧客向けリポートで指摘した。

来年の米S&P500種、ウォール街ストラテジスト見通しに大きな開き from Bloomberg

ここでのネット・デービスの見解は、

  • 2022年はその年内に一時的には下落局面を迎える
  • ただし、年末時点は5000となる。5000とは2021年12月現在のS$P500よりも上昇している。2022は結果的に2021年末と比べて多少上昇する

と、言っていますね。

つまりネガティブな見解を述べている例としてネット・デービスの分析結果を紹介していますが、こちらも2022年よりも先を見据えた長期視点であれば、継続的な上昇が見込まれるだろう、という見解を述べていると考えます。

クレディ・スイス、JPモルガン

同様に、前述のBloombergの記事から。

クレディ・スイス・グループのジョナサン・ゴラブ氏は企業利益の改善見通しや緩和的な金融環境を理由に2022年のS&P500種の目標を5200と、200ポイント上昇修正。マルコ・コラノビッチ氏率いるJPモルガン・チェースのチームは、来年にはパンデミック(世界的大流行)が収束し、米景気が本格回復するとみて、ボラティリティーの低下を見込んでいる。

クレディ・スイス、JPモルガンは2022市場に対してはポジティブな見解を述べています。

(検討中)2022の米国株(アメリカ株)への投資戦略

2022年の米国株(アメリカ株)への投資戦略を検討するにあたり、マクロ視点での市場動向の想定は下記と考えます。

  • 2022年1月までは上昇局面を想定する
  • 1月以降はテーパリング、利上げにより市場は弱気。特にテック系を中心としたハイパーグロース系、ナスダック系の銘柄は現状は株価が上がっていることもあり、大幅に下落することを想定する
  • 2022年中盤〜後半、場合によっては2023年に入ってからの上昇相場を想定昇を想定

この想定を置いた上で、具体的に銘柄に対するトレードをどの様に運用するか、別途明確にしたいと思います。

それでは。投資は自己責任で。

created by Rinker
¥2,300(2022/09/26 14:03:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,000(2022/09/26 14:03:28時点 Amazon調べ-詳細)

■ こちらの記事もどうぞ ■
・テンバガー候補[RYAN]ライアン:Ryan 保険ソリューションプロバイダー
・ファンダメンタルズ分析とは?わかりやすく解説:初心者向け知識
・今はレバレッジ投資の時ではない:投資戦略

タイトルとURLをコピーしました