2022年 1〜4月 利回り +5% 維持!

■1日1回クリック頂けると喜びます


週刊投資戦略 2022/3/21週

米国株の何を買う?売る?
スポンサーリンク

どうもこんばんわ、「米国株長期投資くらぶ。」の うさと(USA-to)です。

本サイトでは、数ある米国株(アメリカ株)から、「テンバガー株」を組み合わせたポートフォリオを構築し、長期投資をスタイルとしながら市場平均以上のパフォーマンスを狙っています。

引き続きルーチン化している「週刊投資戦略」です。「各週の投資戦略」について私が考えていることを公開します。自分自身の投資の方針を明確にしてログとして残す事も、本記事を書く目的の一つです。それでは、2022/3/21 週の「週刊投資戦略」です。

リスク・投資の方向性

ウクライナ危機リスクは世界大戦を避けるべく、ウクライナがどうなろうと周辺国は本格参加はしないと想定。戦況によって市場が大きく変動するリスクは減ったと見る。

原油価格の動向は上下不明。各国が調達先を調整中。

金利は3月15-16日のFOMCで市場想定どおり、0.25%(-0.5%)の利上げが発表された。

ロシアへの経済制裁が強烈で、引き続きロシア国債のデフォルトが視野。1998年にもロシア国債は一度デフォルトしているので、初めての事ではない。

10年、2年国債の金利差が小さくなくなっており、リセッションの兆候と言われる「逆イールド現象」が発生間近か。

日銀ほぼノーアクションにより為替は円安ドル高に触れている。

ポートフォリオ見直し方針

「米国株:キャッシュ」のバランスは引き続きリスクテイク。キャッシュを減らして、日本株・米国株の比率を増やす。事前に余剰キャッシュを円・ドルに振り分けておいたが、為替は円安に触れたので、ドルキャッシュの余剰を円に戻していく。

現在の投資ポートフォリオの内訳:

内訳理想比率(先週からの変化)現状比率
米国株50% (+10%)30%
キャッシュ30% (-20%)57%
日本株20% (+10%)12%
投資信託・ETFなど0% (0%)0%

投資ポートフォリオの内訳:「現状比率」

参考:先週時点の投資ポートフォリオ内訳

具体的なAction

先週はNASDAQ系グロース銘柄への追加投資を実施した。銘柄追加は予定せず、元ポートフォリオ銘柄内での追加購入か、各銘柄のパフォーマンスに応じたリバランスを必要に応じて実施する。

為替の変動に備えて、余剰キャッシュを円とドルのほぼ50:50に分散済であったが、為替は想定通り一方向に大きく動いた。余剰ドルを円に戻す具体的なタイミングを検討し、円買い戻しを実行する。その後、日本株への投資も行う。

重要イベント

日程イベント
3/23原油在庫量
3/24コア耐久財受注
失業保険申請件数

2022年3月の注目イベント FOMCで利上げ開始の見込み、今後の利上げペースは如何に
マーケットレポートのページです。中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています。投資信託・投資顧問の三井住友DSアセットマネジメント。

投資は自己責任で。それでは。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥55,800(2022/05/17 16:29:38時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました