1日1回クリック頂けると喜びます


【IBM】アイ・ビー・エム グローバルテック銘柄の老舗で抜群の安定感 配当チャンピオン銘柄分析

配当チャンピオン
本記事でわかること

配当チャンピオン銘柄 [IBM] アイ・ビー・エム(International Business Machines Corporation について

  • 高配当銘柄IBMの基本情報
    • 配当利回り(年)
    • 年間配当額(ドル)
    • 現在株価
  • 高配当目当てでIBMに投資すべきか?
    • 業績は良いの?
    • 連続増配できている?
    • 現在の株価は割安?今買うべき?
    • 今後も安定的に配当を出せる?将来性は?
🐇うさと
🐇うさと

投資初心者の方にもわかりやすいように、わかりやすくまとめています😊

配当チャンピオンは初心者の方でも安心して買える銘柄の1つだと思います🤗

銘柄の配当利回りなどのデータは、毎日最新の情報に更新しています🔄

注:例外的に更新できない日もあるので、その場合は許して下さいね。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

IBMってどんな会社?

International Business Machines Corporation は、統合されたソリューションとサービスを世界中に提供しています。同社はソフトウェア、コンサルティング、インフラストラクチャー、ファイナンスの4つの事業を展開しています。

  • ソフトウェア部門は、ハイブリッドクラウドプラットフォームとエンタープライズオープンソースソリューションであるレッドハットなどのソフトウェアソリューション、ビジネスオートメーション、AIOpsと管理、統合、アプリケーションサーバーのためのソフトウェア、データと人工知能ソリューション、脅威、データ、アイデンティティ用のセキュリティソフトウェアとサービスなどを提供しています。また、銀行、航空会社、小売業などの顧客のミッションクリティカルなワークロードやオンプレミスのワークロードをサポートするトランザクション処理ソフトウェアも提供しています。
  • コンサルティング分野は、戦略、ビジネスプロセスの設計と運用、データと分析、システム統合サービスなどのビジネ ス変革サービス、技術コンサルティングサービス、アプリケーションとクラウドプラットフォームサービスを提供し ています。
  • インフラストラクチャー部門は、顧客のミッションクリティカルなワークロードや規制対象のワークロードに対す るオンプレミスおよびクラウドベースのサーバーやストレージのソリューション、ハイブリッドクラウドインフラの サポートサービスやソリューション、中古機器の再生・再販サービスなどを提供しています。
  • ファイナンス事業では、リース、割賦、ローンファイナンス、短期運転資金融資のサービスを提供しています。

旧社名はComputing-Tabulating-Recording Co. International Business Machines Corporationは1911年に法人化され、ニューヨーク州アーモンクに本社を構えています。

IBMの基本・配当情報

チャンピオン銘柄IBMの基本情報、気になる配当情報をまとめて見てみましょう。

ティッカーibm
セクターInformation Technology
EPS(今後の予測値)9.41
PER(今後の予測値)14.08
年間配当額($)6.6
年間配当利回り(%)4.98
連続増配(年)22
配当性向(%)70.17
🐇うさと
🐇うさと

配当利回りは4%を超えて、安定的に配当を出してくれるアイビーエム。連続増配年数も23年と安定感抜群。情報セクターは現在割安なので、購入検討の対象となります。


注:連続増配は集計組織によって定義が異なります。

現在株価

IBMに投資すべき?

IBMは業績が良い?

業績を見るポイント

「業績の良さ」とはもっと噛み砕いて言うと、「継続的に稼ぐ力があるかどうか」です。決算発表時の「EPSの実績」が「予想(自社の事前発表値含む)」を超えているかどうかを見ます。

🐇うさと
🐇うさと

年度によって上下はありますが、EPSの予想と実績の関係をみると、EPSの実績が予想を超えているか同等レベルですので、業績は良い状態がキープできていると思います。

IBMの現在の株価は割安? 今買うべき?

PERをセクター中央値と比較してみます。

PERを見るポイント

PERは簡単に言うと「その株の人気度」です。PERの数値が高いと「割高」、低いと「割安」です。セクターによってPERの数値は大きく異なるので、PERから割高・割安を判断する時は、同じセクター内で比較する事が重要です。またはその銘柄の過去のPERの推移を見ます。

PER(今後の予測値)14.08
セクター中央値17.76

セクター中央値よりも数値が高いと、そのセクター中では「割高」な状態です。
逆にセクター中央値よりも数値が小さいと、「割安」な状態です。
割安な場合は「今が買い」の判断材料となります。

🐇うさと
🐇うさと

セクターの中央値とPERを比較すると、少しだけ割安な状態ですね。(執筆時点)

IBMは今後も安定的に配当を出せる? 将来性は?

今後も安定的に配当を出せるでしょうか?これは配当性向(Dividend Payout Ratio)から見ていきます。

配当性向を見るポイント

配当性向は、企業が配当金として株主に支払う純利益の割合です。企業が「事業によって得た利益」をどのくらい「株主に還元」しているかを表す指標です。適正な目安は30%程度と言われているため、それ以上であれば高配当、安定配当であると見なせる1つの指標となります。
配当性向の計算方法:
配当性向 = 1株あたり配当金 ➗ 1株あたり利益(EPS) ✖️ 100

配当性向(%)70.17
🐇うさと
🐇うさと

配当性向は高いです。株主に対して「利益を還元するぞ」という意識を持って会社経営がなされていることが伺えます

まとめ

配当チャンピオン銘柄 IBM

  • 配当利回りは4%を超え、連続配当も23年という安定銘柄。
  • それでいて、2022年のベアマーケットでは情報セクター全体が割安
  • 今まさに欲しい銘柄

🐇うさと
🐇うさと

投資は自己責任で。それでは🌵

他の配当チャンピオン銘柄は ↓こちら↓の記事を参照して下さい。

Reference:Seeking Alpha

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました