1日1回クリック頂けると喜びます


米国株スクリーニング2つのコツ(その2):投資の勉強

投資の勉強:一億総株主時代!

どうもこんにちわ、「初心者もアメリカ株投資でサイドFIRE」のUsatoです。

本サイトでは、米国株への長期投資を基本の投資スタイルとしながら、サイドFIREを実現するまでの軌跡と方法を残しています。



今日は米国株のスクリーニングのやり方の第2段です。

本記事で紹介する方法は、もちろん優良日本株をスクリーニングする手順としても使えます。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

参考書籍

参考書籍について改めて紹介しておきます。私が米国株投資の「理論」についてはこちらの書籍で学んでいます。具体的には、自分のこれまでの投資経験の再確認をすると共に、追加で新しい知識を得ています。

created by Rinker
¥500(2022/09/26 12:33:28時点 Amazon調べ-詳細)

それでは、先日の記事に続いて、米国株のスクリーニングの方法・やり方と、スクリーニングで重視すべき指標について説明します。

先日の記事 スクリーニング方法その1 はこちらです。

スクリーニングで重視すべき項目「フリーキャッシュフロー」

先日の記事では、アマチュア投資家が効率的にスクリーニングをする際に重視すべき項目はROEだ、という話をしました。

今日はスクリーニングで重視すべきもう1つの項目である「フリーキャッシュフロー」について書きます

キャッシュフローとは一言で言うと「期初と期末で見た、純資産の増減」です。

例えば、純資産が、
期初:10億円
期末:11億円
その期のキャッシュは、+1億円 と言うことになります。

キャッシュフローとしては +1億円 増えている、と言うことを意味します。


私なりに理解した覚えておくべきポイントは、「キャッシュフローは資産の概念で見るべきもの」であるということ。

キャッシュフローというと、その名の通り、お金の流れ、動きとして捉えてしまいがちですが、そうではなく、あくまで資産の増減を説明する概念である、と理解しましょう。

つまり、キャッシュフローが多い企業は投資で稼がせてくれるということになります。キャッシュフロー(CF)が多い企業、毎年増えている企業をスクリーニングで選択しましょう。

キャッシュフローは3種類に区別される

スクリーニングではひとまず意識しなくても良いですが、せっかくなので勉強しましょう。キャッシュフローは3種類に区別されます。

・営業キャッシュフロー
・投資キャッシュフロー
・財務キャッシュフロー

これらのうち、スクリーニングする上で重視すべきは、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローです。

営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローが潤沢な企業が、投資効果の高い企業です。

3種類のキャッシュフローについては参考にしたこちらのサイトがわかりやすいです。


今日はこの辺りで。投資は自己責任で。

created by Rinker
¥1,650(2022/09/26 13:54:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました