1日1回クリック頂けると喜びます


中国恒大集団のデフォルト(破綻)はいつか?日本への影響は?

Petition to File For Bankruptcy日々動向

こんばんわ、本サイト名のタイトルに悩んで試行錯誤しているUsatoです。

ご存知の通り中国恒大集団の破綻(デフォルト)リスクについて、約3週間前から世界中で報道されています。

「債務期限に支払う事ができなかった」という記事は既に出ていますが、金融に詳しくなければ「期限に支払うことができなかった時点でデフォルトではないの?」と思いますよね。

今日は、「中国恒大集団デフォルトはいつ?期限は?日本への影響は?どうなるの?」

という疑問について答えたいと思います。

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

中国恒大集団デフォルトの影響は?破綻したらどうなるの?

過去の記事でも書いていますが、中国が中心ではありますが、世界中に時限爆弾が張り巡らされていそうです。

今回金額換算で、中国恒大集団がデフォルトした時の影響をリーマンショックと比較してみました。

調べたところによると、デフォルト時の影響規模は下記の様です。

経済危機(予定含)金額換算規模感
リーマンショック6000億ドル
中国恒大集団3000億ドル!?

恒大が破綻した場合の影響の規模感は、リーマンショックの約半分にあたる3000億ドル規模と言われています。

これは恒大が破綻したら只事では済まないと思いました。。。


次に、その根拠として金融機関が恒大の金融資産にどれほど影響しているのかを調べたところ、こちらの記事が出てきました。

中国人民銀行のデータによると、中国の金融機関の融資残高全体に不動産ローンが占める割合は、2020年9月末の時点で約30%に達するなど、金融システムが直面する重大なリスクの一つとなっている

中国不動産、社債デフォルト相次ぐ 恒大問題連鎖(写真=AP)
【上海=土居倫之】中国で不動産会社の社債債務不履行(デフォルト)が相次いでいる。15日には香港上場の中国地産集団(チャイナ・プロパティーズ・グループ)が同日期日の米ドル債の元利金を支払えなかったと公表した。23日には中国恒大集団のドル債の利払い猶予期限が終了し、格付け会社から一部デフォルトと認定される恐れがある。中国の...




なるほど。最近の日経の記事を鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、恒大の企業規模が大きいだけに、それなりに金融機関に時限爆弾が張り巡らされていることには間違いなさそうです。


中国恒大集団デフォルトはいつ?期限は?

これは最初は皆さん疑問に思いましたよね。。

「支払い期限が来ても支払わなかった(支払えなかった)」という報道が約3週間前にありました。さらにその後、3回ほど支払い期限に払わなかったそうです。

支払えなかった時点で破綻かと思いますが、そうではないです。支払いには期限から30日間の支払い期限があります。30日以内に払えばOKということなんですね。

ということは最初の支払い期限から30日後が中国恒大集団デフォルトのエックスデーということになります。

そして、その30日後というのが、10月23日。今週の土曜日です。

さらに支払い猶予期限である今週土曜日に白黒が決まるのかというと、そうではなく、一般的には支払い猶予期限の2~3日前には「もうだめだぁ〜」ということが決まる様ですね。


1回目の未払いは先月23日。期日から30日以内に利払いができなければデフォルトとなるが、市場では今月18~19日がデフォルト回避に向けた最終期限になるとの見方が出ているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8e334ca4039a1b5917f8930af605cf22c1970b0


市場では、10月18日(記事執筆しているまさに今日!)、または19日(明日!!)あたりに恒大の破綻(デフォルト)がはっきりするのではないか、ということです。

何をもって中国恒大集団のデフォルトとみなすのか?

どうなんでしょうかね。

恒大自ら「デフォルトしました」、アメリカなら「Chapter11を申請します」 と言うのか。


はたまた、スタンド―ド・アンド・プアーズやムーディーズといった第三者の格付け会社が「恒大は実質的な破綻状態である」と宣言するのか。

私はこの可能性が高いと思っています。


どの様な形で中国恒大集団に引導が渡されるのかはわかりませんが、今週はいつも以上に市場を注視の1週間となりそうです。

私は今週も段階的に少し手持ちの米国株を決済し、キャッシュポジションを増やしておこうと思います。

それでは、投資は自己責任で。

タイトルとURLをコピーしました