1日1回クリック頂けると喜びます


新たなコロナ変異株発生で全面安の中、[MRNA]モデルナでヘッジ:米国株投資戦略

投資戦略

どうもこんにちわ、「米国株長期投資くらぶ。」のUsatoです。
本サイトでは、数ある米国株(アメリカ株)から選定した「バフェット株」と「テンバガー株」による最強ポートフォリオを構築し、長期投資を基本の投資スタイルとしながら市場平均以上のパフォーマンスを狙っています。

先日、南アフリカで新たなコロナの変異株が発見され、感染が拡大していると言うニュースが世界中を飛び交いましたね。変異株のニュースで世界中の市場はほぼ全面安となっていますが、私のポートフォリオは結果的に上手く値下がりを相殺してくれました。本日は、コロナ時代のコロナ変異リスクに対するポートフォリオについて考えて見ました。

[ad]

✔︎Check
AmazonCharge
どうせAmazonで買い物するなら「Amazonチャージ」でお得にポイントゲットがおすすめ!

変異株の発生で全面安

ドイツ、コロナ感染者が最多更新 南アを変異株地域に指定

本日の日経平均も大幅安となっています。

コロナが発生すると、その地域の経済は明らかにブレーキがかかりますからね。外で飲食できない、レジャーにも行けない、旅行にも行けない。。。

今後も定期的に変異株は発生する可能性があるということを実感しました。アフターコロナの時代は、ずっとこの様なリスクに怯えて暮らす必要があるのでしょうかね。。。

スペイン風邪が流行った時も同様に経済は止まったと思うのですが、今見たいなワクチン開発技術がなかったにもかかわらず、スペイン風邪の流行は収束したのですよね。コロナもいずれ「収束した」と言える時がくるのでしょうか・・・。

世の中の動向が不明確なコロナ時代のポートフォリオ

ただ、変異株のニュースにより銘柄は全面安になるかと思いましたが、私のポートフォリオは先日から本日への値動きで言うと逆にプラス。
理由は、[MRNA]モデルナが逆に値上がりの動きをすることで、うまくマイナスをヘッジしてくれていました。ちなみに若干ではありますが、経口ワクチンの[ORMP]オラメドも同様に値上がりすることで変異株による全面安をヘッジしています。

先日の記事でも書きましたが、最近の私の投資戦略はポートフォリオを少し見直そうとしていました。モデルナ偏重であったポートフォリを少し減らすために、モデルナ株を徐々に売却し、これまで目をつけていた他の銘柄を徐々に買い足しています。具体的に購入した銘柄は後日の投資実績公開記事で説明します。

この、モデルナ偏重を少し抑えるという投資戦略は継続します。引き続き、徐々にモデルナ株を売却し、他の銘柄を購入します。ただ、ちょうど良いタイミングでモデルナの株価が上がってくれたのは本当にラッキーでしたね。

変異株が発生すると、全面安になると言うことは想定していました。モデルナが若干のヘッジをしてくれる想定はありましたが、正直なところ、ここまで大きく値上がりして、他銘柄の値下がりを相殺してくれるとは思っていませんでしたね。

コロナ時代のポートフォリオに、モデルナの様に、変異株が発生しなくても長期で見たら将来有望な医療系銘柄を組み入れておく、と言うのは1つのポートフォリオ戦略だと実感しました。

皆さんも医療系のポートフォリオへの組み入れを検討してみてください。

それでは。投資は自己責任で。

タイトルとURLをコピーしました