2022年 1〜4月 利回り +5% 維持!

■1日1回クリック頂けると喜びます


週刊投資戦略 2022/4/4週

米国株の何を買う?売る?
スポンサーリンク

どうもこんばんわ、「米国株長期投資くらぶ。」の 🐇うさと(USA-to)です。

本サイトでは、数ある米国株(アメリカ株)から、「テンバガー株」を組み合わせたポートフォリオを構築し、長期投資をスタイルとしながら市場平均以上のパフォーマンスを狙っています。

「週刊投資戦略」では「各週の投資戦略」について私が考えていることを公開します。自分自身の投資の方針を明確にしてログとして残す事も、本記事を書く目的の一つです。それでは、2022/4/4 週の「週刊投資戦略」です。

リスク・投資の方向性

・ウクライナ危機リスクはプーティンが核攻撃などのおかしな行動をしない限りは収束か。戦況によって市場が大きく変動するリスクは少ない、または変動しても一時的と想定します。

・原油・天然ガスは各国が調達先を調整中。米国他が蓄油を放出する方向性のため、一度は原油価格は下落すると思われます。

・金利は3月15-16日のFOMCで市場想定どおり、0.25%(-0.5%)の利上げが発表されました。先週雇用統計が発表され、予想値よりも結果は低かったにも関わらず、株価は小幅に反発しました。市場が強気なので、次回FOMCでは一度に0.5%金利を上げても、ネガティブサプライズにはならないとFRBが判断する可能性があると想定します。

・ロシアへの経済制裁が強烈で、引き続きロシア国債のデフォルトが視野。リセッションの兆候と言われる10年、2年国債の金利差が逆転する「逆イールド現象」が発生し、しかも状態が継続中です。

・為替は円安ドル高に触れていたが、若干ドル安に戻りつつあります。

逆イールド現象の状態、為替レートなどの主要指標はこちらのダッシュボードから確認できます。

ポートフォリオ見直し方針

「米国株:キャッシュ」 のバランスは引き続き日本株・米国株の比率を増やしたリスクテイク状態をキープしたいと思います。

先週は[NVDA]など複数銘柄を利確したことによりキャッシュができました。このキャッシュを再投資すべく、グロースの出遅れ銘柄、または割安銘柄を調査します。

現在の投資ポートフォリオの内訳:

内訳理想比率(先週からの変化)現状比率
米国株50% (変更なし)51%
キャッシュ30% (変更なし)36%
日本株20% (変更なし)13%
投資信託・ETFなど0% (変更なし)0%

投資ポートフォリオの内訳:現状比率

(参考) 投資ポートフォリオの内訳:前回報告時点

ちなみに先週の売買実績としては、利確をしたためキャッシュが増えています。

具体的なAction

・先週までに利確しなかった銘柄は、含み益が乗っているため、引き続き高値からマイナス5%を目安に、逆指値の利確売りを入れながら、さらなる上昇を目指します。利確が約定して生まれたキャッシュは、再投資します。 

重要イベント

日程イベント
4/5・ISM非製造業指数
4/6・原油在庫量
4/7・FOME議事要旨
・失業保険申請件数

投資は自己責任で。それでは。

■ こちらの記事もどうぞ ■
・「不労所得で月額32万4千円得るために必要なこととは?F.I.R.Eムーブメントについて」:じっちゃまからの学び
・2022年 米国株投資戦略の検討 : 投資戦略
・中田敦彦のYouTube大学「誰でも稼げる米国株投資〜富裕層になるための鉄則〜」:米株投資Youtuber

タイトルとURLをコピーしました