2022年 1〜4月 利回り +5% 維持!

■1日1回クリック頂けると喜びます


米国株市場は天井か?靴磨きの少年が米国株をおすすめしているよ。:日々動向

日々動向
スポンサーリンク

どうもこんにちわ、「米国株長期投資くらぶ。」のUsatoです。
本サイトでは、数ある米国株(アメリカ株)から選定した「バフェット株」と「テンバガー株」による最強ポートフォリオを構築し、長期投資を基本の投資スタイルとしながら市場平均以上のパフォーマンスを狙っています。

今日は靴磨きの少年と株話の逸話に触れて、今の米国株市場が天井かどうかについて書いています。完全に雑談・雑記です。暇つぶしに読んでいただければ幸いです。

靴磨きの少年が株の話をしたら暴落のサイン?

投資の世界では有名な話ですが、靴磨きの少年と株の話を聞いたことがある人も多いと思います。

アメリカの第35代大統領のJ・F・ケネディの父親のジョセフ・ケネディは、ウォール街で巨万の富を築き、政治家になったことでも知られていますね。その彼が当時ウォール街で靴磨きをしている少年が株の話をしているのを聞いて、自分の持ち株を全部売って、その後の暴落を免れたというお話はとても有名です。一般大衆の隅々にまで株式の関心が高まっているということは高値に違いないと判断したわけです。

https://toyokeizai.net/articles/-/198277?page=2

ファンダメンタル分析もなく、一概には言えないのですが、この話は一理あると考えます。

これまで米国株の話を全くしていなかった様なメディアや人が、やたらと米国株の話をし始めると、高値に近いと言う可能性は確かにあります。

で、Twitterで面白いつぶやきを見つけました。つぶやいているのは「おっひょい丸」さん。

個人的にはかなりツボに入って笑いましたね(笑)

この表紙からして、(はっきりと言いますが)普段からレベルの低い週刊誌を愛読している方を読者ターゲットにしていることが見え見えです。この様なごちゃごちゃしたデザインの、この帯だらけのレイアウトって惹かれる人が一定数いるんでしょうね。

で、私がなぜツボに入ったかというと、まさにこの雑誌が「靴磨きの少年の株話」だと思ったからです。

んーー、なんでしょうね、この表紙に書いてある下品なキーワード(笑)。

「儲かる」
「破壊的な成功を」
「勝利の方程式」
「まだまだ勝てる」
「爆増」
「640%倍増」(意味不明)
「これで決まりだ」

中身が全くない、恥ずかしいレベルの単語の羅列・・・・。笑わせてもらいました。

それでは。投資は自己責任で。

■ こちらの記事もどうぞ ■
・毎日高値更新する銘柄を保有すべし。高値更新銘柄一覧の紹介:じっちゃまからの学び
・米国株市場のような日本個別株に投資する:投資戦略
・考える時間は無駄!米国株投資をおすすめする理由とは?: 初心者向け知識

タイトルとURLをコピーしました